威鋁について

広東威鋁鋁業股份有限公司(略称「威鋁」)は2000年に設立され、アルミニウム・マグネシウム合金の精密加工およびプロ表面処理加工の企業として、中国のアルミニウム・マグネシウム加工産業の猛烈な発展に貢献してきました。威鋁は精密製造産業チェーンにおいて、絶えず実質的な取り扱い経験を積み重ね、企業運営・管理の中で貴重な知識と財産を蓄積し、アルミニウム・マグネシウム合金製品のハイエンド付属品メーカーとなりました。


企業の進歩とともに、威鋁は2006年にISO9001認証を取得し、2014年に国家高新技術(ハイテク)企業に認定されました。また2015年設立の「広東省金属材料(威鋁)工程技術研究中心」は、「広東省工程技術研究センター」として認定されています。


企業の永続的経営に向けた発展戦略を基に、威鋁は江門市ハイテク産業開発区において、インダストリー4.0を設計の核心としたインテリジェント工場を自社資金で建設しました。新工場の建築面積は100,000平方メートル。アルミニウム・マグネシウム合金製品の表面処理研究所、検査測定センター、インテリジェントCNC加工マシニングセンター、ダイカスト作業場、プレス作業場、複数の酸化ライン、吹付塗装ラインを設けています。これらの一連の設備が加わったことで、威鋁はアルミニウム・マグネシウム合金のハイエンド精密加工の産業チェーン全体への対応能力を持つことになり、さらに威鋁の事業のゆるがない基礎を築くことにつながりました。


沿革
  • 2000-2005
  • 2006-2010
  • 2011-2015
  • 2016-2020
  • 2000

    江門市威特鋁業科技有限会社を設立

  • 2002

    新たに陽極酸化生産ラインを増設し、 PHILIPESONYなどの有名ブランドの音響パネルの供給メーカーになった

  • 2004

    新たにCNC設備、10万級無塵オイル塗装ライン及び陽極酸化ライン2本を増設

  • 2005
    江門ハイテク技術開発区に移転、電子、音響、通信などの業界にサービス
  • 2007

    品質管理にTS169495つのツールを導入し、有害物質管理(ROHS)システムを構築、SONOSのサプライチェーンに入った

  • 2011
    社名は広東威鋁鋁業股份有限会社に正式に変更
  • 資格・認定
    発明4件、実用新案11件の特許取得
    国家高新技術(ハイテク)企業認定
    威鋁金属材料表面処理研究院
    IATF16949
    ISO9001:2015証書

    資格・認定

  • 発明4件、実用新案11件の特許取得
  • 国家高新技術(ハイテク)企業認定
  • 威鋁金属材料表面処理研究院
  • IATF16949
  • ISO9001:2015証書